読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ten’s blog

ポケモンの全国図鑑を埋めるまでのプレイ日記のようなもの

【第6世代】ポケモンの全国図鑑を完成させる【XY編:003】

ポケモン

ジムリーダー・コルニ戦まで

初めてご訪問の方は先にこちらをお読みください。 

捕まえるべきポケモン

ニドラン♀ニドラン♂バリヤードマネネ)、ヤンヤンマ、ブルー、
ムックルスカンプーシンボラーユニランエモンガゴビット
ルチャブルデデンネ、メレシー

プレイ記

ショウヨウシティを後にし、一路北へ。

あちらこちらに大きな石、というより岩が立ち並ぶ謎の10番道路。

フレア団数人と勝負したが、彼らの目的をさっぱり覚えていない。金儲けがどうのこうの、と言っていたような気がするが、正統派(?)の悪党なのだろうか。

 

10番道路を抜けてセキタイタウンに到着。

そこら中に石があり、街の中央に意味ありげな、これまた石が立っている。今作XYはメガシンカに迫る、というのがテーマの一つでもあり、そのキーとなるのが石と語られているので、ここは何か物語で絡んできそうな雰囲気を持っている。

東から街を抜けようとするとコルニが登場。コルニの二匹のルカリオの、そのうちの一匹が私を気に入ってくれているそうだ。いずれ戦うことになると思うと、心が痛む。

f:id:ten2gou:20170105201235g:plain

 

東に進むと映り身の洞窟へと繋がった。

映り身の洞窟はその名の通り、そこら中の石壁が鏡面になった洞窟である。

中にいるトレーナーたちの多くは通路に背を向けて鏡面に映る自身を見ているのだが、うしろを通ろうとするとこちらに気付く、というギミックめいたつくりになっている。

最深部に進むと、これまたなんだか意味ありげな箇所がある。おそらくクリア後のお楽しみなのだろうが、こういった作りは好奇心をくすぐられて、個人的に好みである。

 

映り身の洞窟を抜けると、いよいよシャラシティに到着。

まず街の奥にそびえ立つマスタータワーへ行くように促さられたので直行。行ってみると、旅立ち時の仲間たちと、「メガシンカおやじ」ことコルニの祖父とご対面。

ここで一つ私の勘違いが発覚。どうやらメガシンカには、ポケモンに持たせるべき「メガストーン」と、プレイヤーが持つべき「キーストーン」の二つが必要らしい。前回、プテラメガシンカは先送りと記述したように思うが、あの時点ではそもそもメガシンカができなかったようだ。

メガシンカおやじがそのキーストーンを私たちにくれるそうだが、なんとそのキーストーンが一つしか用意できなかったとのこと。仲間たちと「誰が持つべきか?」という相談をした結果、「テンかセレナのどちらかだろう」という結論に。ではどちらが持つべきか?ポケモン世界の素晴らしいところはバトルで白黒をつけるところである。いざセレナ戦。

結果は完勝。私には最終進化形態がこの時点で5体もいるので、それはそうである。

しかしキーストーンはこの時点ではお預け。コルニからジムへ来るように言われて、一同解散。

 

そしてシャラシティのジムリーダー・コルニ戦。

ここのジムは格闘タイプが主流と言うこともあり、ファイアローのつばめがえしでほぼ完勝し、3つ目のジムバッジをゲット。

f:id:ten2gou:20170105162812g:plain

しかし、ひとつ疑問点があった。コルニがルカリオを使わないのだ。

「なぜだ?」と思っていると、再びマスタータワーに、そして頂上へ来いと命ぜられる。

言われるがままにマスタータワーの頂上へ。すると、コルニからキーストーンのはめ込まれた「メガリング」を手渡され、「互いにメガシンカしたポケモン同士で勝負しよう」と挑戦される。

状況が呑み込めない私は「え?カメックスプテラメガシンカさせるの?」と戸惑っていると、どうやら私を気に入ってくれていたコルニのルカリオが私側に回ってくれるそうだ。「私のルカリオが立場無いな」なんて思いながら、いざ戦闘へ。

f:id:ten2gou:20170105162551g:plain

初めて見るメガシンカ、すごくかっこ良かった。XYを始めるまで、「メガシンカワロス」って思ってましたゴメンナサイ。

ボーンラッシュとドレインパンチを放って勝利。見事メガリングを手中に収めることに成功した。戦闘後、なんとコルニのルカリオが私の仲間になりたいと言う。「いや、既にルカリオ持ってるんだけど…。」とは言えず、とりあえず引き取ることにした。

勿論、コルニのルカリオをボックスへ幽閉するつもりである。

 

現時点のパーティ

ハリボーグ→ブリガロン

ヒノヤコマファイアロー

バタフリー

ピカチュウ(でんきだま)

ルカリオ

カメールカメックス